平成26年1月31日 第54回 祖神祭

祖神祭とは、初代会長、鹿島俊郎の命日で、そのお祭りが執り行われました。

全国から大勢の同信が本部万霊殿に集まり、祖神鹿島俊郎の威徳を偲び、自らの使命達成を祈願して午前11時からお経供養がありました。その後、松山支所責任者の佐々木継人、名古屋支部責任者の河合洋行の体験談発表、続いて祖神のご法話 「華厳の世界」(祖神法話集CDより)をお聞きし、鹿島孝夫会長のご法話を拝聴しました。そして国歌、団歌を斉唱し、最後に全員でご霊廟に参拝しました。

 

ご霊廟参拝の様子

会長先生ほかご霊廟参拝

会長並びに各支部支所責任者

同信ご霊廟参拝

同信の方々は支部旗を先頭にご霊廟参拝

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和33年 祖神(鹿島俊郎)講演の様子

鹿島俊郎S33.1

昭和33年1月 鹿島俊郎 本部(横浜)にて

鹿島俊郎S33.4.13

昭和33年4月

 

 

 

 

 

 

 

平成26年 寒修行

普明会教団では、小寒(1月6日)から節分まで一年間で最も寒いとされる時期に寒修行を行っております。

同信各自が、白衣姿で地元や縁のある地域を托鉢行脚することで寒修行としています。一軒一軒の玄関先で般若心経を上げさせていただき、お心ある方からはお布施をいただきます。また、その縁により、お教えを伝えるためのパンフレットをお渡ししたり、総戒名というお札をおまつりしています。

わたしたちは「祖先礼拝の道」をお伝えするために托鉢をさせていただいております。

DSC_0289

DSC_0262

托鉢行脚の様子