-前世の業と先祖供養-


戸次貞雄講演S33-04

【昭和33年4月 福井にて講演の様子】

下記の戸次貞雄の法話をご参考ください。また、当時の音声も再生できます。

【 昭和33年4月21日 福井にて ご恩師のご説法 】

再生ボタンをクリック!下記の肉声が再生されます。


今こそ、この法の恵みをまた得なかったならば、真実の喜びは、絶対あるべきではない。ただ物質だけが、いかにそろおうとも、魂に安心というものがなかったなら、ほんとうの生活の喜びなどあるものではない。とこう考えて、みずから黙って修学を、し始めたわけなのであります。そうして会得したものを、霊友会となり、あるいは今日なお皆様にそれ以上のものをお授けして、よりよき幸いと喜びを得てもらいたいと考えて、今日に及びました。

ところが、足りないものがあった。そいつをまた見いだした。それがために、こんなに頭のはげるまでも、滝に打たれたり、その寒い山の中におって、何とかしてこれをと思いましたけれど、これはもうお釈迦様の教えの中にもなければ、もちろんキリストの教えの中にもない。まず人類始まって、ないところの法をここに生まなければ、ほんとうの皆さんの安心はできない。ということを知って、無理をして天地にお願いを掛けて、やっとこの修学を終えて下山をして、やや安心したというところです。


戸次貞雄S33-03

【 昭和33年3月 吹雪に明け暮れる零下13度の吾妻山幕川堂にて,修学される戸次貞雄】

戸次貞雄S33

【 昭和33年4月 戸次貞雄 下山の様子 】


これはまあ、浦島太郎が竜宮から玉手箱をもらってきたのと同じことです。やっと私の思う玉手箱をもらった。とたんに鏡を見てみたら、はげになった。浦島太郎も、とたんに玉手箱を喜んで開いたら、白髪の老人になったというけれども、実にそのとおり。

ところが浦島太郎のほうは大変によかったのだ。竜宮に行ってお姫様にかわいがられたから。こっちは、かわいがられるどころか、炭焼きも及ばんような真っ黒けになりながら、しかも時にその山中において、今から約八年も前には、百八の煩悩、悪い煩悩を取っていただいて、いい煩悩に変えてもらいたいと思ったから、一日に百八回、それにお礼参りとして二回、水をとったことがある。

私と共に入っていた若い者も、
「何を司様、やっていますか」
と言うから、
「いや、何でも俺はやっているのだ」
「どんなことですか」
と言うから、
「言うだけ言っておこう、お前たちにできる道理はないから。とにかく俺は百八回。百八の煩悩によるがゆえに世を乱すのだから。また、煩悩あるがゆえに喜びもあるのだ。
喜びうる煩悩に変えさせてもらいたい、と思って俺はその悪いほうの煩悩を取るために、百八回、こうやって通って、そうして水をかぶっているのだ」
そうして、あと二回お礼をいたしました。

若い者もまねをしましたが、五十回か六十回で、もうフラフラになって、若い者がやめちゃったのだ。ただ百八遍かぶるのではありませんよ。百八回、その谷川に通うのだ。百十回通ったのだから。

そうして、なお到達しえなかった。そうして、今日までも……。それが完成しなければ、在家宗教として、絶対に皆に喜びを与えることはできない。ということで、今まで惨澹(さんたん)たる苦心をしたわけです。

ですから、ちょうど私が、まあ生まれた子どもに命名をして、私の子どもではないよ、よその子ども、私の弟子の子どもだ。商売が忙しい時もあるから、私がおんぶしたこともあるが、これも今年は学習院大学を卒業して、昨年の十月には卒業しない前に就職も決まったのだ。十一月に帰った時は試験休みできていて、駅に迎えにきましたから、
「おかげさまで就職もできました」
「どんなところに」
「三井系の、一流の会社に入ることができました」
「よかったな。お前の卒業、早くてよかった。俺は、赤ん坊の時おぶって、今大学を出て、今度は一人前になったのだが。司様は、いつまでも落第ばかりして、神様の学校、いつまでも卒業できなくて困ったぞ」
と言って、アハハと笑ったけれども、実際、それは、もう一日も背することなく、ただ一筋にそのために、今日までやってきたわけであります。

ということは何であるかというと、先祖の業障は、あなた方の孝行の心に免じて、その孝行の発する誠によって、先祖の罪汚れも許されて、ある程度の喜びを与えるところまで連れて行かれる。これはまことに結構だ。ところが、それだけでは、ある程度の運命転換はできるが、いざという時に、まことにできない、転換することのできないものがある。それは皆さんが、前世から作ってきた罪の補いというものができる方法というのがこの世にない。

というのは、キリストも一人でおられる。それでも、お前たちを天国に、俺は、贖(あがな)いによって引っ張って行くぞ。しかしながら、それは(ラクダが)針の穴を通るより難しいと言われるくらい、容易に皆さんを引っ張って行くという力にはならなかった。

お釈迦様もそのとおり、一人になっちまって。その弟子たちもそれこそ、三国一どころの美人じゃない、財産もあれば、そうした美人を、なお捨てきって、お釈迦様のお弟子になった方も、いくらもある、出家して。おやじが出家したからしかたがないから、あとから奥さんも尼になったという履歴は、そのお釈迦様の一代記を見るというと、りっぱにあるのです。

迦葉(かしょう)は、三迦葉という三人の兄弟があります。他にまた、別の迦葉尊者もおられる。この方なんかは、もう、国中で一番の富豪だった。そのくらいだから、ほとんど国中で一番というような美人を奥さんに持っておられた、生まれつきと言おうか。その奥さんを捨てて、そうして、ひそかに釈迦の下に入って出家をされた。

なぜ、そうしなくちゃならんかと言うと、前世からつながっている罪障を取るためには、そういうふうにして、人間の欲というものを捨てて、そうして世の中のためになりますから、ということによって、もう血族という縁を切って、そうして免れて、菩薩(ぼさつ)の世界に飛び込むように修行をするのであります。それにしても出家してから、その修行というものが容易ではない。

ところが、その前世の業が、たとえ先祖を拝んでいても、取れなければ、受けなければならぬことを先祖は守るということができないのです。これは、天地の法則で。ここに非常に苦しみがある。しかし、これを取らなければ、前世から定まっているところの、その人の運命を転換して、いいほうに向けることはできない。いい運命を持って生まれてきた人たちは、それで差し支えありませんよ。

少なくとも宗教の本義は、いかなる場所、いかなる地位にあろうとも、その地位の中に安心をしうる道をここに与えなかったならば、宗教の価値はない。これは無理ではありますけれども、とても諸仏如来を念じたくらいで、ここは阿弥陀(あみだ)様が大はやりだそうだけれども。これは脇道に入る。どんなに阿弥陀様を念じても、前世の業まで引き取ってくださるということはできない。ですからしょうがない。

目には見えん、耳にも聞こえてはこないけれども、如来も神も、共に天地創造の親神から生まれたものであるから、これは創造の親神と、とにかく取っ組み合っておいて、けんかしてでも出す以外ないのだ、というわけでもって。そうなると強いよ、どうせ、何もこの地上に残ろうとは思わないのだから。

皆を喜ばせようと思うためにやるのだから。自分の欲のためにお願いするのではないから。畏(かしこ)み畏み敬って申す、なんというときは、皆のために頼むときに言うだけで、その後のことは、けんか腰だ。・・・


《 説法録 真の在家宗教より 一部抜粋 》