平成26年 寒修行

普明会教団では、小寒(1月6日)から節分まで一年間で最も寒いとされる時期に寒修行を行っております。

同信各自が、白衣姿で地元や縁のある地域を托鉢行脚することで寒修行としています。一軒一軒の玄関先で般若心経を上げさせていただき、お心ある方からはお布施をいただきます。また、その縁により、お教えを伝えるためのパンフレットをお渡ししたり、総戒名というお札をおまつりしています。

わたしたちは「祖先礼拝の道」をお伝えするために托鉢をさせていただいております。

DSC_0289

DSC_0262

托鉢行脚の様子

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です